シンコールの壁紙クロスが通販だけの激安大特価!BIGACE(ビッグエース)、BEST(ベスト)、SLプラスが安い!

DIYで壁紙クロスを貼ってみよう!
壁紙クロスを通販だけの激安価格でご提供いたします!
壁紙クロスの貼り方(DIY講座)
壁紙張貼りの道具 (状況に応じていろいろな道具を使いましょう
地ベラ
地ベラ
壁紙をきれいに切るため、
カッターを導きます。
ローラー
ローラー
壁紙の継ぎ目の押さえに使います。
ナゼバケ
ナゼバケ
壁紙の空気抜きに使います。
カッター
カッター
壁紙クロスをカットします。
メジャー
メジャー
寸法を測ります。
スポンジ
スポンジ
はみ出した生のりは、水分を絞ったスポンジでふきとります。
脚立
脚立
しっかり安定したものを準備しましょう。
ジョイントテープ
ジョイントテープ
接合部の柄合わせを、きれいに仕上げるために使用します。
道具ポーチ
道具ポーチ
道具一式が腰にあると、
とても便利です。
バケツ
バケツ
スポンジなど、生のりのついた道具を洗います。
ローラー
ローラー
壁紙の裏面に生のりを広げます。

ほか、定規など。

貼る前の準備
コンセント

余裕を持って2~3cmほど長く切ります。

コンセントやスイッチのカバー、カーテンレール等、壁にある突起物で、
作業の障害になるものはできるだけはずしてから作業にとりかかります。
※コンセントやスイッチのカバーを外す場合、必ずブレーカーを落として作業して下さい。

柱廻りや床面などには糊がつかないように、新聞紙などで保護しておきます。

油やタバコのヤニなどで下地が汚れていると粘着力が低下します。
ホコリやよごれはきれいに拭き取りましょう。
カビが残っている場合は、カビ取り剤で取り除いてから、防カビ剤で防カビ処理をして下さい。

下地のつなぎ目があれば、クロス用パテで整えて下さい。

壁紙は、貼る面の長さよりも、上下とも2~3cmほど長く切ります。


下地処理 (パテの作り方)
パテ粉
 広げた紙の上にパテ粉を出す 粉の頂上を凹ますと、水が流れ出さないです 耳たぶより少し固め 2~3回塗りこみましょう

広げた紙の上にパテ粉を出し、スポンジで水を加えながらよくこねます。
みみたぶより少し硬めになればOKです。

あとはヘラを使って塗りこむのですが、パテは乾くと体積が減って凹むため、
2~3回塗りこむのがコツです。


生のりの作り方
生のり
 生のりをバケツに入れる スポンジを使って水を加える ダマがなくなるまでよくこねる 流れるくらいの硬さになればOK

生のりをバケツに入れ、スポンジで水を加えながらよくこねます。
ツブツブがとれるまでしっかり攪拌しましょう。
流れるくらいの硬さになればOKです。

あとは壁紙クロスにローラーで塗りつけてください。


壁紙の張り方
貼る位置を決める
貼る位置を決める

壁面に垂直線をひいておくと、壁紙をまっすぐに貼ることができます。
おもりをつけた糸を吊り下げて垂直線を出し、糸に沿ってえんぴつなどで垂直線を引きます。

生のりを塗る

のりを塗った面同士で折りたたむと、楽に持ち運びができます。

ジョイントテープ
生のりを塗る

壁紙クロス裏面に、のりをたっぷりと落とします。
ローラーを使い、内側から外側へとのりを広げていきます。



のりを塗った面同士で折りたたむと、楽に持ち運びができます。





※2枚目以降に貼る壁紙には、片側(重ねる側)にジョイントテープを貼ります。
  接合部がすぐにくっつかないため、柄合わせをじっくり仕上げることができます。


壁面に仮止めします

ナゼバケで空気を追い出しながら貼ります。
1枚目を貼る

裏の生のり保護パックフィルムを上から50cmほどはがし、壁面に仮止めします。
垂直線に沿うように、フィルムをはがしながら貼っていきます。

残りのパックフィルムを壁紙がはがれないように片手で押さえながら、
フィルムに付いたのり面が内になるようにはがしていきます。(のり汚れを防ぎます)

ナゼバケで上から下に、たて、左斜め、右斜めと空気を追い出しながら貼ります。

コーナー部分は角ベラなどできめ込みます。

生のりが乾くまで、貼り直せますので、空気残りやしわが寄っても
あわてずにその部分まではがして貼り直してください。

余分な壁紙をカットする
余分な壁紙をカットする

天井側(上側)の余分な壁紙をカットするために、ベラで押さえ付けスミを出します。
床側(下側)も同様に行います。
天井と壁の際に、地ベラをしっかり当て、カッターで余分な壁紙を切り取ります。
表面についたのりは、水分を絞ったスポンジできれいに拭き取って下さい。

カッターの刃はこまめに折り、常に良く切れる状態で使用します。
また、カッターはできるだけ寝かせて使いますと、切り口もきれいに仕上がります。

重ねつき付け貼り

カッターナイフで一緒に切ります

ジョイントテープを取り除きます

継ぎ目の部分やコーナー部分を押さえローラーでローラーがけをします
2枚目を貼る 【重ねつき付け貼り】

2枚目の壁紙は1枚目の壁紙に2~3cm重ねて貼ります。
柄がある場合は、柄を合わせながら貼ります。

壁紙を重ね、上になった壁紙を左右にパタパタさせ、柄がズレて見えなければOKです。
ズレている場合は微調整をしてズレて見えないようにします。

1枚目と同じように、しっかりと空気を押し出しながら貼り付けます。

重ねた壁紙の中央部に地ベラ(カット定規)をあてながら、
カッターナイフで壁紙上・下2枚を一緒に切ります。




次に、カットした上・下の余分な壁紙と壁紙の裏に残ったジョイントテープを取り除きます。




継ぎ目の部分やコーナー部分を押さえローラーでローラーがけをして、
下地にしっかりと密着させます。

コンセント部分など
コンセント部分など

コンセント部分にはカッターナイフで切れ込みを入れ、余分な壁紙を切り取ります。
カバーとのすき間があかないように、壁紙はひとまわり小さくなるよう切り取ります。
最後に、はずしたカバーを元の位置に取り付けます。

表面についたのりは、スポンジできれいに拭き取ってください。
仕上げ

継ぎ目の部分を壁紙が浮いてこないようにローラーをかけます。
ローラーをかけると、継ぎ目が目立たず、はがれにくくきれいに仕上がります。

表面についたのりは、スポンジできれいに拭き取ってください。
のりが残っていると、後でシミになっ たりする事があります。

使用上の注意
◆ 接着のりは生ものですので、お早めにお貼りください。
◆ 万が一、のりが乾いてしまった場合、水を塗っていただければ粘着力が戻りますが、
  できるだけ早めにお貼りください。
◆ 身体に付いた時は水でよく洗い流 してください。
◆ 壁のまわりに付いたのりはできるだけ早く水を含ませたスポンジで拭き取ってください。
◆ 砂壁や綿壁の上に貼る時は、壁面にシーラー処理が必要となります。